残虐!!アソコを弄りながら切り裂く!?

タイトル:残虐!!アソコを弄りながら切り裂く!?

作者:

発売日:2018年04月27日


内容紹介

売春婦を買った紳士は、貪るようにキスをし、胸を揉みながらスカートをたくし上げてアソコを弄る。そして指を入れたまま口を塞ぐと…!?

残虐!!アソコを弄りながら切り裂く!? WEBビューアーで閲覧

残虐!!アソコを弄りながら切り裂く!? ダウンロード(565.95MB)

残念ながらトレントファイルは存在しておりません。

エロアニメを見たい人はこちら


※当サイトは違法ダウンロードなどを助長するサイトでは御座いません。
お気に入りの漫画が御座いましたら、WEBビューアーで閲覧などをした上で、
購入をご検討するようお願い致します。

 HOMEへ戻る

もろおか紀美子 様 関連漫画

セックス中毒!!1日中出し入れ

内容紹介

私、高岡絵里は、その当時ここのスナックで働いていた。ママの男はしょっちゅうお金をせびりに来る。そんなママを助けて、ママの男を軽くあしらったのが辰巳だった。ママの知り合いだった辰巳との出会いは、この夜が初めてだった。いい男、なんだか懐かしいような…。2人きりで海へ行くことになったけど、すんなりOKしてしまった。海の家で「奥さん」と呼ばれた。それだけ違和感の無い2人に見えるのかしら?出会ったばかりなのに。ビキニ姿の私を辰巳は「かわいい」と言ってくれ、強引に抱き上げて海に連れて行った。こんな男、初めてよ。その夜、初めて辰巳とセッ○スをした。辰巳の愛撫は巧みで、男のモノは逞しく、私を貫いた。予感がした。この人と結婚する。

貞淑OL・姉のイケナイバイト!?

内容紹介

アソコと胸を隠しただけのボンデージスーツに身を包み、ムチを手にした私。SMの女王様が、OLである私のもうひとつのビジネス。「この人形は女王様の大切な妹のようだ。この人形を僕が犯してやる!!」男はラブドールのアソコに挿入し、激しく腰を動かす。これだから常連のマゾ男は困り者だわ。出来るだけ私をエキサイトさせようと、プライベートな事までつついてくる。それなら望むところよ!!「おやめ!!」私は男を容赦なく鞭打つ。「イ…イ…」男は帰って興奮する。妹を犯すなんて、プレイとはいえ、シャレにならないわ。「お返しに、お前の後の穴を犯してやるわ」男の哀願を無視し、極太バ○ブをねじ込む。「アア…アッ…」裏腹にそそり立つ男のモノを私は口に含み!?

妻より愛人がいい!?SEXが刺激的なの!!

内容紹介

「あ…イヤ…あ…ん」「こんなに濡らして…琴子はイヤらしいな」「あ…」男の舌が、私のアソコに差し込まれ、蜜を吸い取る。「何人の男のモノをここに喰わえ込んだんだ?」男が私のアソコに指を2本差し込み、掻き回しながら尋ねる。「あっ…ああ、イジワル」私のアソコをグチャグチャと音を立てて掻き回すこの人には、妻子がいる。「俺は何人目なんだ。言わないと…」男が指を深く入れ、Gスポットを刺激する。「あ…イヤ…あっ…」私はたまらず身もだえる。「8…8人目です」でも、妻子がいる人と付き合ったのは初めて。「どおりで琴子は、それだけ魅力的だってことかな」彼は立野政高さん、30歳。ほんの少し遊び人かもしれない。だって…とってもイヤらしいんだもの…。

【もろおか紀美子】替え玉受験、女子大生淫らな個人講義!!

内容紹介

カンニングするものはいないかな。俺は大学受験の会場で監視をしていた。その時、おおーっなんという美しい受験生だ。受験票で名前をチェックしておこう。受験票についている写真、写りがあまりよくないようだが、この子の美しさは写真には定着できない類のものかも知れないな。こんな時のために超小型カメラを私は持っているんだ。なんと言っても美しい女子大生は私の生き甲斐。それにしても彼女は別格だ。長年この大学にいても、あれほどの美女は見た事が無い。受験番号3750、嵯岐真希子君。春、君に再会できる事を楽しみにしているよ。合格してくれたまえ…。だが無事合格し、大学に現れたのは別人だった。身代わり受験だったのだ。調教が始まる…!?

1人の女を愛した姉と弟!?禁断と背徳の三角関係!!

内容紹介

先輩の顔が好き。笑顔もしゃべる仕草も。それと揺れる大きな胸。何度も触れてみたいと衝動にかられていた。そして願いが叶った。「あ…」先輩の胸を揉むと先輩が甘い声を上げる。そして初めての口づけ…。唇を合わせ、舌を絡める。くちゅ。あ…柔らかい。気持ち良くて私は先輩のいい香りに包まれながら天国にいる気持ちになった。でも17の時に男にキスされ、それ以来私は男性不信になってしまった。20歳の時、友人からの電話が私の運命を変えた。友人が紹介してくれたのは、初恋の先輩に良く似た女性だった。私はたちまち恋に落ち、そして初めてホテルへ。「女の人とこうするの初めてなの」「私もなの」「どうしたらいいの?」「お互いの気持ちのいい所を…」

イク度に爪痕を残す女!?

内容紹介

ツケを払えず、飲み屋を追い出された男、井沢。「クソォ…飲まなけりゃいられないんだ」「いくらでも飲ませて上げるわよ。お返しは…そう…あなたの体でいいわ」驚く程の美女が声を掛けて来た。「なぜこんな俺の体に。信じられない。俺はアル中で」「あなたが苦しそうだったから」キスする女。「抱いて欲しいの」「俺には妻がいる」「酒代だけの快楽でいいわ。遊びのセックスも出来ない程、私は魅力なくて?」井沢は女を抱きしめ、アソコを弄りながら、乳首を口に含む。「辛そうにセックスするのね。こんなんじゃ私はイケないわ。どうせ私達は東京で出会った行きずりの男と女」女は、井沢に意外な申し出をする。「トーキング・セックスをしましょうよ。理由を知りたいわ」

アソコを濡らす淫らな夢 こんなにたっぷりと

内容紹介

白馬の王子様に出会い、最高の快楽をえる夢。絶頂の自分の声で目を覚ます。まただ…またいつもの淫らな夢。初めてこの夢を見たのは初潮があったころだから――13歳の冬点。それ以来、月に3、4回は見ている。初めの頃は処女だったから、セッ○スに対する願望や憧れで見るのかと思っていた。でも処女を失ってからも…。私の指は思わずアソコに伸び、敏感な突起をクリッと弄る。「あっ…ああ…ん」私のアソコがベットリとなるほど淫らな夢。より濃厚な夢を見る様になった。「あっ…また、こんなに…」胸を揉みしだき、アソコに指を差し込む。ヌチュヌチュと卑猥な音が響く。濡れてる。もう…こんなにも、たっぷりと…。私の愛しい王子様、早く私を見つけ出して。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。